2017/02/20

『ドイツ車のデザイン』好評発売中!

The Century of the Car Design 1
カースタイリング・スペシャルエディション
『ドイツ車のデザイン

2010年12月15日発売
定価:1680円 (本体1600円+税)
テキスト:日本語のみ
判型:A4ワイド、112ページ、オールカラー

21世紀はここにきて大きな胎動を見せはじめています。
時代はEVの息吹に関心を向けていて、
もはや内燃機関は完成の域に入ったといえるのかもしれません。
パワーユニットの革新はカーデザインを大きく変えて行きます。
サブタイトルにある「カーデザインの世紀」とは、
これまでの内燃機関によって発達した自動車のデザインを定義します。
クルマが生まれ発展しEVにバトンを渡すまでのおよそ100年を、
デザインの視点からまとめたのがこの1冊です。
CAR STYLINGの莫大なデータをもとに編集し、
まずはドイツ車にフォーカスしました。

 

〜もくじ〜
1:
魅力あふれるドイツ工業製品
2:ドイツ車の定義
3:ドイツの近代デザイン運動 バウハウスとウルム
4:ドイツ車のデザイン傾向
5:ドイツ自動車業界の盟主 ダイムラー
80年前にメルセデス・ベンツ・スタイルを創造した ヘルマン・アーレンス
※画像クリックで立ち読みページが開きます。

21世紀に復活した名跡 マイバッハ
ニューカルチャーへの試み スマート
6:ひと味違うデザインが魅力のBMW
ドイツで生まれ変わったイギリスの名車 MINI
7:高品質と4WDで独自の境地を拓いた アウディ



8:操る楽しさと所有する悦びに徹した ポルシェ
9:大衆車の世界的ベンチマーク フォルクスワーゲン
10:キネティック・デザインの フォード・オヴ・ヨーロッパ
11:GMがもたらす国際感覚 オペル
12:ものづくりを厳格に守ってきたドイツのマイスター制度
13:日本人デザイナーたちが体験したドイツの仕事環境
14:消えたブランド
15:個性あふれる マイクロカーのデザイン

16:最新コンセプトカーで描く ドイツ車の未来
17:German Car Design Chronology ドイツ自動車概略年表