2017/04/28

2012年ジュネーブ・モーターショー視察ツアー 参加者募集

※このツアーの募集は終了しました。

リーマンショック以降、自動車業界が危機的状況にあるなかでもショーの規模や質を
しっかりと維持しているのがジュネーヴです。ヨーロッパの自動車事情を見極めるには、
このショーを見ないことには始まらないでしょう。

毎年恒例のジュネーヴ・モーターショー視察ツアーを今回も企画いたしました。
まだ厳しい寒さが抜けない季節のツアーとなりますが、自動車以外でも街中の様子や建築、
文化など見るべき価値のあるものが多くあります。この機会にぜひご参加ください。

募集要項は以下の通りです。

・旅行期間:2012年3月4日(日)~3月9日(金)
・旅行代金:¥248,000(2名1室ご利用)
・募集人員:30名(最少催行人員15名)
・募集締切:2012年1月27日(金)必着
※日本国内は割引運賃が適用されます
その他の地域の方はお問い合わせください。

日程表
※発着時間、交通機関等は変更になることがあります。

お申し込みや資料請求等は、下記までお問い合わせください。

株式会社JTB法人東京/第9事業部
電話:03-5909-4963
メール:team-j@web.jtb.jp
担当:飯田・菊池


ジュネーブ・モーターショーについて

世界5大モーターショーのひとつとして君臨している“サロン・アンテルナショナル・ド・ロト”
(Salon International de l’Auto)は、1905年から始まった歴史あるモーターショー。
ジュネーヴ・コアントラン国際空港近くのパレクスポを会場とし、今回で82回目の開催です。

このショーのみどころのひとつはやはりカロッツェリア。トリノショーが中止された現在、
イタルデザイン、ピニンファリーナ、ベルトーネ、ザガート、フィオラヴァンティといった
カロッツェリアの作品を直接見ることができる貴重なショーです。

また電気自動車やマイクロカー、コミューターを展示する中小企業が多いのもこのショーの特徴。
先日開催された東京モーターショーではスマート・モビリティ・シティを展示しましたが、
今後これを発展させていくには、これらのクルマも見ておく必要があるでしょう。

2011年のジュネーヴ・モーターショー



今回も様々なコンセプト/ニューモデルの出展が期待されます。新作をいち早く見ることが
できるこの機会をお見逃しなく。

皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。