2017/08/18

【新刊告知・追記】輪廻のラグランジェ・メカデザイン特集『LAGRANGE DESIGNS』好評発売中!


カースタイリング・スペシャルエディション
『LAGRANGE DESIGNS』[輪廻のラグランジェ]——カーデザイナーが描いたロボット

発売日:2012年5月10日(木)
定価:1980円 (本体1886円+税)
テキスト:日本語のみ
判型:AB版、80ページ、オールカラー

お問い合わせ、ご注文は下記へ。
メールアドレス:order@carstyling.co.jp
電話番号:03-5155-1966
FAX:03-5155-1967

ご注文の際には、住所、氏名、電話番号、購入部数をお知らせください。クロネコメール便もしくはゆうメールなどで発送させていただきます。お支払いについては本と同時に請求書を送らせていただきます。郵便振替、銀行振込の送金手数料はご負担ください。また、代金引換(手数料300円)をご希望の方はその旨をお知らせください。

※書店からの注文はできません。直接上記へお申し込みください。

 

カースタイリングがシド・ミードの『ターンAガンダム』以来のアニメ特集を組みました!

『輪廻のラグランジェ』は2012年1月8日~3月25日の期間に放映され、好評を博しました。その中のオービッドと呼ばれるメカのデザインを日産自動車が担当したことも話題になりましたが、そのオービッドのデザイン解説を中心に、開発ストーリーや制作現場の紹介などを盛り込みました。

アニメといえども本編のメカデザインは緻密で精巧でよりリアルな表現がなされています。カーデザイナーにとってヒントとなりうるアイデアがこの『輪廻のラグランジェ』に存在すると考え、CAR STYLING Special Editionとしてまとめました。

アニメ上のメカをプロダクトの視点で検証する新感覚のデザインブック。この貴重な一冊をどうかお見逃しなく。

 

それでは掲載予定のコンテンツを紹介しましょう。誌面内容も一部公開します。
※画像クリックでページが拡大できます。

~掲載内容~
1:イントロダクション デザインが示すリアルロボット・アニメの新機軸
——『輪廻のラグランジェ』アニメ本編の概略
2:前代未聞のプロジェクト 主役機デザイン・コンペティション
——日産社内で行なわれたプレゼンテイション風景、ボツ案や一次選考通過案の紹介など


3:ウォクス・シリーズの機体デザイン
——主役機3体 (ウォクス・アウラ、ウォクス・リンファ、ウォクス・イグニス)のデザインストーリー



4:日産デザイナーズ・クロストーク 大須田貴士 × 菊地宏幸
——両氏が語ったデザイナーを志したきっかけや、ラグランジェのデザインワーク裏話などを紹介
5:ジューク・アートカーのデザイン
6:作画参考用にレジンモデルを制作

7:制作ドキュメント ヒューマンスケールモデル
8:平澤直プロデューサーが語る「デザインが刺激したストーリーの意味性」
9:デザイン・アドヴァイザー、8月32日(晴れ)は語る
作品の企画性をデザインに宿らさせるアドヴァイザーの役割

10:デ・メトリオの機体デザイン
——主役機のボツ案から派生した敵機3体 (リベルタス、テネリタス、ウォルンタス)のデザイン

11:中村史郎・日産自動車CCOに聞く コラボレイションが生み出す日本的価値
——村上隆氏やコンラン氏とのコラボレイションなど
12:日産とプロダクションI.Gのファースト・コンタクト
——『攻殻機動隊』に登場した日産・スポーツコンセプトとインフィニティ・クラーザ
13:カーデザインが生まれる場所 日産グローバルデザインセンター
——カーデザインの仕事現場を紹介
14:キッスの機体デザイン
——義賊らしさが漂う3体 (アルヴィリウム、トリロク、アルヴィティオ)のデザイン
15:レ・ガリテの機体デザイン
——禍々しい雰囲気をもつ3体 (マグドーラ、マグフォート、マグレーグル)のデザイン

©ラグランジェ・プロジェクト
※写真・図版・記事の無断転載を禁じます。

 

輪廻のラグランジェ公式HP:
http://lag-rin.com/index.html

日産自動車×ラグランジェ・プロジェクト・スペシャルサイト:
http://www.nissan.co.jp/ENTERTAINMENT/LAG-RIN/

CAR STYLING逆取材インタビュー:
http://www.production-ig.co.jp/works/lag-rin/special/07